口コミ病院検索のお医者さん.jp > ペットの病気(泌尿器)

ペットの病気

泌尿器

腎炎(じんえん)

概要 腎炎(糸球体腎炎)は、腎臓にあって血液をろ過する働きを持つ糸球体(しきゅうたい)が、炎症を起こす状態をいいます。
原因 腎炎は、免疫反応の異常が原因で起こると考えられていますが、まだ明確にはわかっていません。
症状 食欲不振
元気がない
口臭がする
嘔吐
脱水症状
痙攣(けいれん)を起こす
治療法 腎不全の治療法は、輸血や利尿剤を投与し尿の量を増やします。その後、食事療法を行います。

ペットの病気(泌尿器)ページ上部へ

水腎症(すいじんしょう)

概要 水腎症は、障害により腎臓に水分がたまってしまい、腎臓が大きくなる病気です。
原因 水腎症の原因は、膀胱へ尿を運ぶ管が障害で塞がってしまい、腎臓内にたまってしまうことから発症します。管が塞がってしまう原因には、結石や腫瘍など様々です。
症状 しこりができる
水をたくさん飲む
おしっこの量が増える
食欲不振
治療法 水腎症の治療は、もう一方の腎臓が正常に機能していれば、外科治療により以上のある腎臓を摘出します。両方の腎臓が正常に機能していない場合には、食事療法などで治療を行います。

ペットの病気(泌尿器)ページ上部へ

尿毒症(にょうどくしょう)

概要 尿毒症は、腎臓の機能が低下することにより体内の老廃物が排出されなくなる病気です。
原因 尿毒症の原因は、他の腎臓の病気により腎臓が正常に機能しなくなってしまうことです。
症状 食欲不振
口臭がする
嘔吐
元気がない
体重が落ちる
痙攣を起こす
治療法 尿毒症の治療法は、輸液や利尿剤の投薬により老廃物を排出させます。

ペットの病気(泌尿器)ページ上部へ

尿崩症(にょうほうしょう)

概要 尿崩症は、脳下垂体や腎臓が正常に機能しなくなる病気です。
原因 尿崩症の原因は、ホルモンを分泌する脳下垂体や、尿を作り出す腎臓が正常に機能しなくなることです。
症状 おしっこの量が増える
水をたくさん飲む
体重が落ちる
治療法 尿崩症の治療法は、脳下垂体の異常が原因のときは、パソプレシンなどを定期的に投与します。腎臓の異常が原因のときは、食事療法などで腎臓の機能を回復させます。

ペットの病気(泌尿器)ページ上部へ

尿路結石症(にょうろけっせきしょう)

概要 尿路結石とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道という尿路に結石ができる病気です。
原因 尿結石の原因は、明らかではありませんが、食事や水に含まれるカルシウムなどが原因なのではないかと考えられています。
症状 尿がたまり、おなかが膨らむ
背中を丸める
治療法 尿路結石の治療法は、外科治療により結石を取り除きます。

ペットの病気(泌尿器)ページ上部へ

膀胱炎(ぼうこうえん)

概要 膀胱炎とは、膀胱が細菌に感染し炎症を起こす病気です。
原因 膀胱炎の原因は、細菌が尿道から入り膀胱に感染することです。
症状 おしっこの量が減る
血尿が出る
水をたくさん飲む
おしっこの色がおかしい
治療法 膀胱炎の治療は、その原因となった細菌に効果的な抗生物質などを投薬します。

ペットの病気(泌尿器)ページ上部へ

役立つニュース
お医者さん.jpに医院情報を掲載しませんか?
�Ō��t���lNo.1 �����J���l�����Љ�
専門家インタビュー
ヘルス スクランブル