口コミ病院検索のお医者さん.jp > ペットの病気(腫瘍)

ペットの病気

腫瘍

悪性黒色腫(メラノーマ)(あくせいこくしょくしゅ(めらのーま))

概要 悪性黒色腫(メラノーマ)とは、メラニンをつくる細胞が腫瘍化することによって、口腔内の粘膜や下に腫瘍ができる病気です。
原因 悪性黒色腫(メラノーマ)は、メラニンをつくる細胞が腫瘍化するのが原因です。
症状 口の中にしこり。潰瘍がある
口臭がする
よだれをたらす
治療法 悪性黒色腫の治療法は、腫瘍ができた患部を適切に切除することです。わずか数ヶ月で再発することも多いので、手術後も注意が必要です。

ペットの病気(腫瘍)ページ上部へ

悪性リンパ腫(あくせいりんぱしゅ)

概要 悪性リンパ腫(リンパ肉腫)は、体内に侵入する異物排除の役割をするリンパ球が腫瘍化する病気で、血液のがんの一種です。
原因 リンパ腫の原因は、明らかではありません。
症状 リンパ節が腫れる
しこりができる
元気がない
食欲不振
呼吸が荒い
咳をする
下痢をする
嘔吐
治療法 リンパ腫の治療方法は、抗がん剤を投与します。とても副作用の強い薬ですが、タイプや症状を検査した上で、的確な治療を行えば、腫れはなくなり、健康な状態に近づくこともあります。

ペットの病気(腫瘍)ページ上部へ

脂肪腫(しぼうしゅ)

概要 脂肪腫は、皮下組織に脂肪の塊のような腫瘍ができる病気です。
原因 脂肪腫の原因は、明らかではありません。
症状 しこりができる
治療法 脂肪腫の治療法は、外科手術で腫瘍を感染に切除することです。

ペットの病気(腫瘍)ページ上部へ

腹腔腫瘍(ふくくうしゅよう)

概要 腹腔腫瘍とは、消化器や肝臓、子宮など腹部にできる腫瘍です。
原因 腹腔腫瘍の原因は、明らかではありません。
症状 腹腔腫瘍のによる症状は、腫瘍のできる部位により異なります。
・胃がんの場合
嘔吐、吐血、体重減少、軟便、タール便(黒っぽい色の便)
・直腸がん
鮮血便
・肝臓がん
食欲不振
・膀胱がん
血尿、尿の量が減ったり、頻尿
・子宮がん
持続的なおりもの、嘔吐
治療法 腹腔腫瘍の治療法は、外科手術で腫瘍を完全に切除することです。

ペットの病気(腫瘍)ページ上部へ

扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)

概要 扁平上皮がんは、扁平上皮細胞から発生する悪性腫瘍です。口腔の粘膜や皮膚のほか、膀胱の粘膜、副鼻腔、気管支などに発生するがん(悪性腫瘍)です。扁平上皮がんは、しこりではなく潰瘍やただれとして現れるため、傷や皮膚病と間違われやすい病気です。
原因 太陽光線による障害や慢性の炎症が腫瘍化する事等が挙げられますが、扁平上皮がんの原因は現在のところ明確ではありません。
症状 皮膚があれる
毛が抜ける
口内炎ができる
口の中が出血する
治療法 一般身体検査・血液検査・生検検査等で詳細な病理検査を行う様です。扁平上皮がんの患部やその周辺部を外科手術によって切除します。また、症状に応じて放射線療法、免疫療法、化学療法などをおこなうケースもあります。

ペットの病気(腫瘍)ページ上部へ

役立つニュース
お医者さん.jpに医院情報を掲載しませんか?
�Ō��t���lNo.1 �����J���l�����Љ�
専門家インタビュー
ヘルス スクランブル