口コミ病院検索のお医者さん.jp > ペットの病気(心臓)

ペットの病気

心臓

心筋症(しんきんしょう)

概要 心筋症とは、心臓の筋肉が正常に機能しなくなることで、血液が全身に行き渡らなくなる心臓病です。突発性のものと二次性の心筋症があり、突発性のものは、「拡張型」「拘束型」「肥大型」の3種類に分類されます。
原因 突発性の心筋症の原因は、明らかではありません。
二次性の心筋症は、糖尿病や貧血、中度などが原因になります。
症状 お腹が膨れる
咳をする
呼吸が荒い
意識がなくなる
治療法 心筋症の治療方法は、利尿剤や強心剤などの投与です。進行性の病気であるため、治療は継続して行います。

心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくせっそんしょう)

概要 心室中核欠損症は、先天的に心臓の左心室と右心室との間にある壁に穴があいてしまっていて、左心室と右心室がつながってしまい、心臓に障害が起こる病気です。
原因 心室中核欠損症の原因は、先天的なものです。
症状 すぐ疲れる
呼吸が荒い
発育不良
食欲不振
嘔吐
咳をする
治療法 心室中核欠損症は、穴が小さく症状がない場合には、治療の必要性はありません。穴が大きい場合は、外科手術により穴をなくします。

心不全(しんふぜん)

概要 心不全とは、心臓の機能が弱くなり全身に充分な量の血液が送れなくなる進行性の病気です。
原因 心不全は、心臓自体の異常が原因になるほか、フィラリア症、肺の病気、他の病気や事故も原因になります。
症状 咳をする
呼吸困難
チアノーゼ
治療法 心不全の治療法は、強心剤や利尿剤を投与します。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

概要 僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の左心房と左心室の間にある弁の一部または全部の障害により血液が逆流してしまう病気です。
原因 僧帽弁閉鎖不全症は、老化や遺伝によって僧帽弁の組織が分厚くなりがぴったりと閉じなくなることが原因で発症します。
症状 咳をする
すぐ疲れる
呼吸が荒い
治療法 僧帽弁閉鎖不全症を完全に治す治療法は、ありません。進行性の病気でもあるので、血圧を下げたり、心臓の筋肉の拡大を抑えたりして、病気の進行を抑えます。

ペットの病気(心臓)ページ上部へ

役立つニュース
お医者さん.jpに医院情報を掲載しませんか?
�Ō��t���lNo.1 �����J���l�����Љ�
専門家インタビュー
ヘルス スクランブル