口コミ病院検索のお医者さん.jp > ペットの病気(気管支)

ペットの病気

気管支

喘息(ぜんそく)

概要 喘息(ぜんそく・慢性気管支炎・アレルギー性気管支炎)は、アレルギーを引き起こす物質が、気管支を収縮させ、咳や呼吸困難を起こす病気です。
原因 喘息は、ほこりや花粉、ハウスダストなどがのアレルゲンが原因物質となり、気管支の末端にある細気管支を刺激・収縮させることによりひき起こされます。
症状 呼吸が荒い
咳をする
チアノーゼ
治療法 喘息は、気管支拡張剤やステロイド剤などを投与して治療します。再発の恐れがあるため、薬は長期間投与する必要があります。また身の回りにおいてアレルゲンとなるものを排除する必要があります。

ペットの病気(気管支)ページ上部へ

膿胸(のうきょう)

概要 膿胸は、細菌の感染によって胸腔内に膿がたまる病気です。膿の量が多くなると呼吸困難になるなど症状がひどくなることがあります。犬より猫に多い病気です。
原因 胸壁や気管、肺などに穴あき、そこから細菌が胸に入り込み胸腔にうみが溜まります。また、感染症などの病気にかかっていると、その菌が血液やリンパ管を通じて胸腔まで侵入し、感染することもあります。
症状 呼吸が荒い
治療法 膿胸の治療は、針やカテーテルを刺して胸腔から膿を取り出し、生理食塩水などで胸腔内を洗浄します

ペットの病気(気管支)ページ上部へ

役立つニュース
お医者さん.jpに医院情報を掲載しませんか?
�Ō��t���lNo.1 �����J���l�����Љ�
専門家インタビュー
ヘルス スクランブル